もはや見過ごせない!夫婦生活と離婚の関係・・・

皆さん、夜の夫婦の営みは円満ですか?今の時代はセックスレスで離婚をしてしまう夫婦が多くなっています。妻がセックスを拒否するケースもあれば、夫が求めなくなってしまうケースもあります。実際に夫婦の危機はセックスレスにあるとも言われています。

日本の民法や裁判では夫婦のセックスは重要なものとみなしています。パートナーがセックスを求めた際には、正当な理由がない場合には、拒否し続けることはダメと言うことです。

実際に日本人のセックスの回数ですが、夫婦の年間の平均は17回と結果が出ています。実際に、1年以上していないと言う人が、全体の3分の1となっています。

今の時代は、セックスレスが原因となって離婚する夫婦も多くなっているのですが、その理由としては、妻も夫も相手にセックスを求めるけど拒否されると言うことが多いようです。

妻が拒んでしまうと言うケースで最も多い理由ですが、セックスがそんなに好きでないということと、実際に子育てと家事に疲れていて、母性本能は子供にすべて注いでいるというようなケースがあります。

更に夫が妻に求めなくなるケースでは、夫が妻を女としてみることが出来なくなってしまうと言うことが挙げられています。子供ができると、女性は子供のものになってしまい、お母さんって感じの見る目になってしまうために、自然に女として見れなくなってしまうのです。

離婚につながる原因としては、回数が減ってしまったり、全くなくなったりすることにより、相手を疑ってしまうことが挙げられます。その結果、誰かほかの人がいるのではなどと感じてしまい、喧嘩が耐えなくなってしまう夫婦の実際に多くなっています。

離婚になり、裁判などを行った際には、拒否していた側が不利になってしまう可能性が高いと言われています。慰謝料などと同様にその中に拒否をした内容においては請求額が多くなってしまう可能性も考えられるのです。

気になる相場ですが、100万円~300万円程度の幅となっています。決まるのは、結婚時期、年収や資産、年齢、職業、子供の年齢や人数で決まってきます。

実際に夫婦円満な生活を送るためにも、セックスは必要と言うことです。また、女性側も男性側もセックスレスの悩みを抱えていても誰にも相談することが出来ず、精神的な問題を抱えてしまうケースも少なくありません。

きちんとお互いを想いやる気持ちを持って、負担のない程度によるの営みを行って行くようにしましょう。子供などが大きくなってしまうと、寝室で行うにしても抵抗があると言う人も多いと思いますが、自分たちで考えて、きちんとお互いで話合う必要があります。

夫も妻も素直になることは重要なことで、我慢するのではなく、恥ずかしがる気持ちなどをなくして、お互いに誘い合うと言うことも重要なポイントになります。