男性ホルモンを増強するためのレシピを考えてみました。

男性ホルモンを増強するためのレシピで、夫婦生活も円満に送ることができるように考えてみましょう。実際にテストステロンが不足している場合に、現れてしまう症状を紹介しますね!

・やる気ができない・生殖器の反応が悪い・声が高い・消極的・鬱気味・目標が見当たらない・好奇心が少ない・失敗を後悔してしまう・緊張しやすい・マイナス思考などが挙げられています。

男性ホルモンの元になっている食材を紹介するので、女性の方はパートナーに食べさせてあげて下さい。良い関係をつづけるためにも保つために重要です。

・卵です。コレステロールが含まれていて食べないようにしている人も多いと思いますが、テストステロンも合成されるので取り入れるようにしましょう。卵焼きでも目玉焼きでもスクランブルエッグでもお勧めできます。

・ブロッコリーは、胃の障害を緩和する役割を持っているので胃の調子を整えることが出来ます。茹でてお弁当などの彩にも使えるのでお勧めできます。

・キャベツも積極的に摂取するようにしましょう。男性ホルモンのテストステロンを増やす食材で生でも茹でても使い勝手いいですよね。お鍋などに入れることでたくさん摂取出来ますよ。

・牛赤身を摂取することでテストステロンの分泌を促進することが出来ます。脂肪分が少ないものを買って、焼いてもすき焼きでもお勧めできます。

・玉ねぎに含まれているアミノ酸がテストステロンをあげる効果があると言われています。生で食べえるのがお勧めですが、苦手な方は、天ぷらや焼肉のたれなどで味を付けて食べるのもお勧めできます。

・アスパラガスは3日間食べ続けることにより性欲を高める効果を期待することが出来ます。赤身がお勧めなので、肉巻きにして食べるのがお勧めできます。

・山芋は疲労回復やホルモン分泌の改善で消化不良の改善にも良いと言われています。意外な食べ方ですが、鍋や味噌汁で食べても美味しいですよ。

沢山の食材が良いと言われていますが、すべて、日常で購入することができるので、焼肉などで赤身、キャベツ、玉ねぎは同時に摂取することが出来ますし、卵やブロッコリー、アスパラはお弁当にも最適ですよね。

普段から食べている食材ですが、積極的に摂取することによりホルモンを増やすことができて、自分にも自信を持てるのは嬉しいですよね。