75才でも現役!!紀州のドンファンが6000万円持ち逃げ被害

紀州のドンファンさんってご存知ですか?美女4000人に30億円を貢いだと言われていますが、今回は、紀州のドンファンが6000万円持ち逃げ被害にあったと言われています。

その真相は、前の晩に彼女と白浜のホテルで過ごして、この日の夕方に彼女と一緒に知人のパーティに出席する予定があったそうです。昼に所用があり、ホテルから車で30分ほど離れた田辺の自宅へ彼女を連れて帰り、彼女の自宅で夕方まで時間を潰してくるように頼んで彼女の家を離れたそうです。

紀州のドンファンは一人で2階建ての小さな一戸建てに住んでいて、洗濯や掃除をしてくれるお手伝いさんはいますが、常駐しているわけではなく一人暮らしといってもいいと思います。

普段、交際クラブで紹介してもらった女性とはホテルで会うことにして、自宅に呼ぶことはなかったのですが、彼女とは東京でのデートを合わせると、すでに10回以上あっていました。気心が知れているつもりで、自宅でテレビでもみてもらって時間を潰していてもらうことにしました。

2時間ほどかけて、帰ってくると彼女の姿はなく、呼んでも何の返事もなく、それどことか今のクローゼットの棚にあった現金がなくなっていました。貴重品を入れていた高さ20cm幅30cm程度の大きめの宝石箱も壊されていて、中身がほとんどなくなっていました。そこには軽く100万円を超える高級時計やダイヤがちりばめられた指輪などの宝飾品が詰まっていました。

部屋の壁に掛けられていたルノワールやシャガール、藤田嗣治の絵はそのままで。これは大阪の有名画廊から高価な値段で購入したもので、数千万円の価値がある本物と思っていますが、真偽は解りません。

私がいきなり強盗でも入って彼女が連れ去られたのではないかと嫌な予感が頭をよぎりました。しかし、私の家には盗難防止のために防犯カメラが何台もついていますし、警備会社のセコムとも契約しているので、外部からの不審者の侵入形跡はありませんでした。

慌てて彼女の携帯に電話をしましたが、繋がらず、社員たちにも頼んで彼女を探し回った結果、南紀白浜空港から出発した午後の東京行きの飛行機に搭乗したことが分かりました。お客様、大丈夫ですか?手から血が流れていますが、空港に一人で現れた彼女の右手からは血が流れて、床に点々と染みが付くほどだったと空港係員から聞きました。

彼女は大丈夫ですからと彼女は出血を気にせずに、そう答えて搭乗したそうです。たぶん、宝石箱を壊した時にケガをしたと思うのですが、それでも慌てて東京行きの飛行機に乗ったという事で彼女が盗んだ犯人であるということを確信しました。

のちに和歌山県警に逮捕された彼女は取り調べに対して、お金はもらったものだし、貴金属も持っていっていいと言われたと答えたみたいですが、宝石箱を壊して負傷し、結局は逃げて私との連絡も断ったのですからそんな弁解は通りません。

あんなに大切にしていたのにどうして裏切ったのだとうと思っていて、今まで交際した女性は私の目から見て信用出来ると思った方ばかりでした。これまで相手の女性が盗みを働くようなトラブルは一切ありませんでした。

女性を見る私の目が曇っていたのかという落胆したいう気持ちにもなり、盗難自体よりも裏切り行為に対してのこともほうが許せないという気持ちでした。

私が感じるのは、お金で繋がっているカップルはそれまでだと思いますし、盗難の問題についても女性を信じてしまうという問題ではなく、自分には逆らうことが出来ないと逆に感じていたことが最終的な結果、裏切りに合い理解することが出来たのではないかと思います。

人を信じることは大切ですが、何よりもかなりの金額を自宅において彼女を家に連れて言った結果がそうなってしまった結果に繋がり、ショックという事は理解できますが、何より、自分の不注意でもあると思います。

ストレスに強い遺伝子、弱い遺伝子・・・・

ストレスに強い遺伝子と、弱い遺伝子の特徴を紹介します。日本人は基本的にストレスに弱いと言われています。確かにストレスに強い人もいれば弱い人もいます。例として、怒られると、立ち止まる人もいますし、ケロッと何もなかったようにしている人がいます。

ストレスの抑制に深く関係していると言われている物質のセロトニンは、セロトニン・トランスポーターというタンパク質により運ばれています。セロトニン・トランスポーターには3タイプの遺伝子があって、どのタイプの遺伝子型を持っているかで、セトロニンを運ぶ量が決まり、ストレスに対する許容力が決まっていると言われています。

遺伝子型というのは「ストレスに強い能天気タイプ」「普通レベルタイプ」「ストレスに弱いくよくよタイプ」の3つとなっています。

能天気タイプの人は、セロトニンをたくさん運べる遺伝子型を受け継いでいるのでストレスに強いといえます。クヨクヨタイプの人は、セロトニンを一度にたくさん運ぶことが出来ない遺伝子型を受け堆でいるからストレスに弱いのです。

日本人の多くは、ストレスに弱いと言われていて、ラテン系の国では、ストレスに強い能天気タイプの遺伝子を持っている人が多いと言われているのです。ラテン系の人は、陽気が多く、小さなことはあまり気にしないというイメージがあります。サッカーのワールドカップなどを見ていると、強国には、イタリア、スペイン、ブラジル、アルゼンチンなどラテン系の国が多いです。プレッシャーに強い遺伝子を受け継いでいるので、勝負も強いのかもしれませんよね。

更に肥満とストレスの関係も見逃すことが出来ず、中高年になるとほとんどの人が、中年太りになってしまいますが、ストレスが関わっていると言われています。身体の基礎代謝が低下してしまったり、運動不足によって起きてしまうのですが、肥満というのは見た目が悪くなってしまうだけでなく、動脈硬化や生活習慣病などの大きな要因になっているので避けるようにしましょう。

特に厄介なのが、内臓の内側にべったりるく内臓脂肪です。肥満ですよね。内臓脂肪は、メタボリックシンドロームの診断基準の一つになり、有名ですが、内臓脂肪は悪玉細胞とも言われています。何よりもダイエットを行ってうまく体をコントロールしていく必要があります。

肥満の原因としては、ストレス太りですが、イライラすることにより、甘い物や高カロリーの食品を自然にたくさん食べるようになります。その結果、肥満になってしまうので、ストレスと肥満は関係しているのです。更に別の関係もあり、内臓脂肪が多い人ほど、ストレスホルモンの血中濃度が高いということが最近の研究によりデータが出ているのです。

更に日本人は、ストレスをため込みやすいと言われています。実際に、様々なことに対して黙って我慢する勇気よりも、口に出して誤解を解く勇気の方が大事ですよね。ストレスは、仕方ないと思いますが、自分なりに解消を行う必要があり、ため込んでしまうことにより、体調が悪くなってしまうこともあるので、注意する必要があります。